GOLF

【雑記】ゴルフが上達するための4つのステップ。ティーチングプロからの助言をシェアします。

どうも、Kojiです。

今回は知り合いのティーチングプロがとてもいいことを言っていたので、シェアしたいと思います。

ティーチングプロからの助言

「ゴルフは、上達する過程で4つのステップがある」

その4つのステップとは、

1.知らないこと
2.知ってもできない
3.意識すればできる
4.無意識でできる

この段階を踏むと、上達するそうです。

人に教えるとき、特に中上級者に教えるときにこの話をすると話していました。

では、細かく内容に触れていきましょう。

1.知らないこと

第一段階は “知らないこと” です。

ゴルフのことを知らないとそもそも上達しようにもできないです。

例えば、グリップの仕方。

初心者が一人で闇雲に行なっても本当にこれであってるのかわからないですよね。

でも、ゴルフを行なってる知人や、レッスンなどで教えてもらえば明確な答えをもらえるので自信を持ってグリップできますよね。

スイングについても同じことが言えます。

スイングの方法を知らないと上手く振れないし、スイングを矯正したい時もどこを矯正すればいいか知らないと矯正のしようがないですよね。

2.知ってもできない

第二段階は “知ってもできない” です。

スイングの矯正方法を例にとってみます。

人からアドバイスをもらって、スイングを矯正しようとします。

頭ではわかっているんだけど体がうまく動かない。

こんな時ありませんか?

そう、これが知ってもできない。と言うことです。

3.意識すればできる

第三段階は “意識すればできる” です。

第二段階から脱却するために、ゴルファーはひたむきに練習を続けることでしょう。

ひたむきに続けた結果、徐々に変化が出てきます。

意識してきたことで成果として現れ始める時期です。

つまり、“意識すればできる”状態になっていくわけです。

ここまでできるとあと一歩です。

成果が出てきてる分よりやる気も出てきていると思います。

4.無意識でできる

第四段階は “無意識でできる” です。

今までは、意識して言われたことを修正してきたと思います。

ひたむきに練習を続けていると、意識しなくてもできるようになってくる瞬間があります。

ここまでくると、今までの悩みはなくなっているはずです。

そうすると、今度は新たな悩みが出てきます。

その悩みに対して、また第一段階から繰り返しステップを踏んでいきます。

まとめ

この4つのステップを通ることを念頭に練習を続けていけば上達間違いなしだと思います。

初心者のうちは素直にひたむきにコーチに言われたことを行うのですが、だんだん上手くなっていくと自我が強くなっていく人もいます。

僕がそうでした笑

コーチとの信頼関係もありますが、コーチの言うことよりも自分が信じた方法が正しいのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。

なかなか、うまく打てない時は本当にこれであってるのかな、アドバイスが違うんじゃないかなと思いたくなる時があると思います。

そんな時は、今回の4つのステップを振り返ってください。

うまくいかない時は、第二段階にいる時です。

ひたむきに練習しましょう!

ひたむきに練習すれば、練習した分だけ成果が出るでしょう!

悩んでいる人がいたら、この4つのステップを教えてあげてください。

【初心者】ゴルフスイングの基本を覚えるのに必要な4つのステップ本記事は、初心者がゴルフスイングの基本を覚えるのに最低限必要な方法を記事にしています。どこよりもシンプルにお伝えしていますので、サクッとゴルフスイングの基本を知りたい方にはオススメです。...
こちらの記事もおすすめ